FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スタジオジブリ レイアウト展

2008/09/21
今日はあいにくの天気…雨まっさかりでしたが、木場にある東京都現代美術館に、スタジオジブリレイアウト展を見に行ってきました。
ジブリ
雨です…傘

ジブリ
入り口のところ。まだ展示室ではありませぬ。

ジブリ
展示室内にも写真撮影OKな場所がありまして、そこにはおおっきく拡大されたレイアウトが、どどーんと壁に貼り出されていました。そうそう、(映画の)スクリーンで見るともっと大きくなるもんね。こんなにおっきくなっても綺麗に空間を見せるレイアウトを描くのって、やっぱりすごい技術なんだろうね。

ということで、実際仕事でレイアウト描いている身としては、やっぱり見に行っておかないとねぇと思い行ったのでした。なんか、先に行った同期の子からは「見ると凹むよ~。アニメーター辞めなきゃって思うよ~」とか聞いてたので、ドキドキでした。

が、見てみたら、割とふつーでした。もちろん、ここまで描き込むんだ!とかすごく上手い!とかは感じましたけど、雲の上の人、自分とは違う何かが描いた絵なんかじゃなくて、普通に人間の描いた絵なんだな~とわかったので…。チューリップ

それにしても、レイアウトで展示がやれるなんて、ほんとにすごいですよね。
だってレイアウトってアニメを作る過程の設計図、言ってみれば"下書き"なんですよ。下書きで展示が開けちゃうだなんて!
私もよくわかってるとは言えないけど、一般の人にレイアウトの意味や見方って、わかるのかな~?って思っちゃいました。だけど見てる人の反応は、「あっこのシーン知ってる!」「かわいい!」「きれい!」純粋に喜んでる様子で、ああ、アニメーションって夢を創る仕事なんだな~って。単なる仕事の流れ作業の一部分としか考えてなかったのに反省。

そうだよね、私だって、仕事始める前までは、アニメのレイアウトや人の手で描かれた原画を見るのがわくわくしましたもの。今だってクルクルはわくわくしますもの。(笑)一緒ですよね。

図録を買って帰りました。
ジブリ
重いの。

ジブリ
中はこんな風に、展示されていたレイアウトが収録されています。
レイアウト描くときの勉強になるわ。

おさまりの良い画面…
効果的なパースの見せ方…

まだまだです。

しかしこの重い図録を買うためにね… 以下愚痴(笑)


>>続きを読む・・・
スポンサーサイト



21:19 雑記 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME |