FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

クロッキー

2010/03/24
先週の日曜日にはクロッキーを描きに行ってきました。
最近、特に人物や動物の骨格や筋肉がわかるようになりたいなと思っていたのでそういう部分を勉強するのにちょうど良い機会でした。

実際に描く段になって、骨格と筋肉に気をつけながら描いたのはもちろんですが、それ以外にもいくつか発見がありました。

今回のモデルさんがダンスをされる方ということで、止まったポーズの他にゆっくりと動きそれを描くという時間もとりました。それがなかなか面白くて、スケッチクロールでも動いている対象を描くことは多かったのですが、歩いている人は同じようなポーズの繰り返しだから描きやすく、またランダムな動きをしていても、ここが一番見せたい形だというのがはっきりしていたので描きやすい。ですが今回はモデルさんが次から次へと面白いポーズを繰り出すので、どこを切り取って良いのかさっぱりわからず。考えている暇もないのでひたすら動きを追いかけるだけという状態でした。
先生のアドバイスによれば、人物の動きの迫力、伸ばした腕の力強さなどを、直接そのまま線の力強さで表したらいいということでした。
普段描いているアニメは均一な線で表すことが多いので、これは意外で、でも一枚絵として見た時に、それはやはり面白いものになるので、いいなあと思いました。


それからクロッキーは、アニメでいえば人物の体型を組み立てる際の下書きでしかなくて、ここに衣服を付け加えたり顔の表情を入れていったりするわけです。
が、今回のクラスに参加していた他の人の絵を見てみると、クロッキーが一枚の絵として雰囲気のあるものとして仕上がっているのですよね。表情とか衣服がなくても人体だけで絵として成り立つんだなぁと感心しました。
それには鉛筆だけでなく、コンテや木炭やパステルなど様々な画材を使うわけですが。
クロッキーを一枚絵として見れるものにするというのも、なかなか面白い境地だなぁと思います。

他にも思ったことはいくつかあったのですが、今回はこの辺で。
自分で設定した骨格と筋肉というテーマ意外にも発見があって良かったです。

下に描いた絵を載せてます。

ムービングのポーズは、自分の線が薄すぎて写真に撮れませんでした。面白かったのに結果をお見せできなくて残念~。
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト



10:44 スケッチ・スケッチクロール | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME |