09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

CN訪問記

2008/09/08
LAに行くなら絶対に行ってみたい場所、それはバーバンク。

ワーナー・ブラザーズやユニバーサルなど、映画会社が寄り集まっている街。
ニコロデオンやカートゥーンネットワークスタジオもここにある。
カートゥーンファンならそこらの観光地よりもよっぽど行ってみたい街でしょう。
スバらしいアニメを作っているスタジオを、外から眺めるだけだって良い思い出になるし。街を歩くだけでもアーチストにばったり会いそうな気がするじゃないですか。

しかし、行ってみたら入ってみたくなるのも人情というもの。

なんとか入るツテはない物かと伊藤マーティさんを交えて作戦会議するも、マーティさんとてそういつだってスタジオに出入りできるわけではなく。結局はスタジオ内部にいる人に直接引っ張ってもらうしかないらしい、という結論に。

月曜日、テクリさん、スカポン太さんと共にバーバンクへ。
月曜日という日が良かったのは、コストコとゆースーパーマーケットのフードコートで、昼休みにアニメスタジオの人々が集まってドローイングセッションしているらしいというジョーホーをマーティさん&アリーナさんから教えてもらったから。ここでスタジオの人とお知り合いになれて、案内してもらえないかな~ん音符という作戦であります。

コストコセッションって、これですな!!電球
Lunchtime drawing club
キム・ポッシブルでおなじみのStephen Silverさんの呼びかけだったんですねー。
実はシルバーさんにはコミコンでも「会った方がいいよ」ってマーティさんに散々言われてて、スカポン太さんは会ってサインまでもらってたというのに、私とテクリさんは結局どこのブースにいるのかわからなくて会えなかったんですよ~!!

コストコで会えれば良かったね!!

しかしバーバンクへ行くバスが待てども待てども来ず、さらにバス停からコストコまでの道のりが長い長い。20分ぐらいは歩いたのでは…そんなにじゃないかな。とにかく到着したのが昼2時過ぎくらいで、とうにお昼休みなど終わってしまって、スケッチブックを持った人など見る影もなく。

作戦失敗。どよーん

シルバーさんには結局一度もお会いできませんでした。うあー。来年こそは会いたいでございます。

仕方ないのでコストコのフードコートで少し遅いお昼ご飯を食べました。
肉の入ってない料理がなくて、チキンのピザの巻いてある奴?名前忘れたベークドチキン…だったかなぁ?…を食べましたが、アメリカで食べた食事の中でかなりおいしかったかも。チキンの味はあんまりしなかった(笑)チーズとソースが良くてね。アメリカの食事はチーズが美味しいよね。あと意外にコーラがうまい。私日常ではめったにコーラなんて飲まない(そもそも飲料は買わない)けど、こんなに美味しいものだったのねー。あの気候の中だからうまかったのかな。かなり歩いたしな。太陽

次のミッションはバス停のすぐ横にあったニコロデオンスタジオに潜入(笑)すること。
マーティさんに事前情報を教えてもらったところ、いかにもニックな入り口
ニコロデオン
はもちろんのこと、実はその区画全てがニックなんだそう。どんだけでかいんだ。
しかも、ビルの入り口や駐車場にもニコロデオンのロゴマークとかが描いてあって、なんともポップな建物。わーお。日本のアニメスタジオもこう飾り付けとかすればいいのにね!あーどこだったかのスタジオの入り口にはドラえもんがいたかも…。
で、ニックの入り口は門が閉まってるけど裏口とか別棟とかは門はないので、敷地内に入ることが可能。建物の中には入れないけど。当たり前だけど。

さあまずは正面からアタック。
ぴんぽーん♪
「日本から来たアニメーターです。中を見せてもらえませんか?にっこり
「すみませんが一般に公開はしてません。heart02
「そうですかー・花
アッサリお断りされてしまいました。
裏口からまわって守衛のおじさんを捕まえて(すごい迷惑)、話してみたけれどもやっぱり、「やあごめんね。どうすることもできないねぇ。君達がアニメーターなら、作品を持ってアポを取って来なさい。ちゃんと見てあげるから。」と優しく諭されてしまいました☆

というこれらのやりとりは、全てテクリさんが。スカポン太さんは裏の建物のドアを開けようとしていたし。

みんなすげえ。どんだけ行動派なんだ。 
私は周りから見られただけで満足だよ。ダメならあっさり帰るよ。
もう裏口からなんて怖くて後ろに隠れてましたよ。
スタジオに突撃なんて…日本語でも無理です!!!!

やっぱダメかーとあきらめて帰ろうとしたところで、パトカーとすれ違いました。

「ハロー!!!」手
警察の人と陽気に挨拶。

って、うちら警察呼ばれたんじゃ!!???ガーン2
なわけないか。はてさて。ははははは。

さあ気を取り直して次はカートゥーンネットワークスタジオだ!
ってまだ突撃スルの!!
こわいよ~~~

CNのスタジオはニコロデオンから歩いて30分くらい…?まあ普通車で行くんだけど歩いても行ける距離なのだから近いネ!!
3rd通りとpalm通りの交差するところにある。
CN
おお、見えてきたぞ。
写真の奥の方に写っているのがCN。手前のでかい建物は…
やや、あれは!!!

ケーサツ!!!

CNスタジオの隣の区画は丸ごと警察の建物ではないですか。これは…アヤシイことしたら逮捕されるぞ!!アハアハアハ。汗

CN
CNのスタジオは、これ。

雑誌の写真なんかで見たことはあったけど。実際目の前にすると…
普通の建物だね。ニックみたいに派手な装飾はなくて、普通のオフィスビル。

ここでも同じようにぴんぽーん音符てして、「公開してないんですーすみませーん」って言われてしまったのだけど、 そういえば…

ニックに入れなかった時、レンゼッティが今もニックにいればなーとスカポン太さんが言ってたんですよ。
彼はスカポン太さんを知ってるんですよ。
なんでもジェニーの同人誌を送ったら返事が来たとかで。その話聞いたときはスゲーうらやま富士山!だったけどね。

「じゃあレンゼッティさんは今どこにいるの?」
「サァー。確証はないけどカートゥーンネットワークという噂が…」

電球

一度はお引き取りされたと思われた我々、まだいたのかよ!!!というタイミングで再びインターホン。

「レンゼッティさんに会いたいんだけど…彼は私を知っているはずです。
 名前は SUKAPONTA......」
「すみませんもう一度… ?」
「SUKA PONTA!!!」

何回も言ってたのがなんか可笑しかったよプププ。…ごめんなさいスカポン太さん。

しかしこれがビックリなのは本当にレンゼッティさんはカートゥーンネットワークにいて、しかも会議が終わったら案内してくれるって!!
ウソー!!


私が間違っていました。
行動はスル物なんですね。


完全なるテクリさんとスカポン太さんのおかげで、夢に見たCNスタジオに入れた私は、ラッキーりす

彼の会議が終わるまで、しばしロビーで待つ私たち。
ロビーの待合い席の目の前にはカウンターがあって飲み物などが買えるバーが。壁には歴代のCN作品のロゴマークが飾られています。モニターには最新作の映像が流され、ブルーやラズロやビリーのスタチューが飾られ、棚には歴代のデクスターやらハンナ・バーベラやらのグッズが。あああ!
なんてかわいいスタジオなんだーこんなところで働ける人はイイナァー。

そして待つこと数分、レンゼッティさんが現れた!

「ハロー。来てくれて嬉しいよ。君達コミコンのために来たの?アッハッハやっぱり!!」

すげー気さく……。
なんか1人ずつ挨拶してるときに私の携帯に電話がかかってきた…wなんというタイミング。電話番号を見たら家からだったので、どうせくだらない用事だろうなーと思って速攻切った。
後で電話し直したけどやっぱりくだらない用事だったよ!
家からなんてそんなもんサ。良かったとらないで。

案内してくれたRobert Renzettiさんとはこんな人。(上から2番目の人。)
雑誌
雑誌の切り抜きから。

どうやらレンゼッティ氏は次のプロジェクトに向けて構想を練ってる最中のようでした。
制作中の作品のパネルを案内しながら、これはこれこれこーゆーストーリーでね…と。

なんでも、新しい30分ものを13本作ることが決まっているそう。1話には7分程度のオリジナルストーリーがあって、良かった物がシリーズ化されるという。この新しい枠はCartoonstituteのことだと思われマス。これを主導するのがクレイグ・マックラッケンとロブ・レンゼッティとな。へえええええ!!
たぶんWhat a Cartoon! showみたいなものじゃないかと思うんですが、違ってたらごめんなさい。
新人発掘のためのアーチスト重視の番組、じゃないかと。こういうの、いいよね。すごく楽しみ。

つうか、最近のCNって何作ってるんだろう、実写番組に手を出したとか、良くない噂を聞いていたから大丈夫かなぁと思ってたけど、ちゃんと昔ながらの"カートゥーン"を作ってたんだねぇ。もう感無量ですよ。壁にはハンナ・バーベラのストーリーボードとかも貼ってあっちゃったりしてね。「スタジオの前身のハンナ・バーベラの資料だよ。このスタジオにはハンナ・バーベラのスタッフだった連中もたくさんいるんだ」って説明してくれたしね。

ハンナ・バーベラのスタジオってもうなくなっちゃったのかぁってガッカリしてたけど、ここにあったんだねぇ…しみじみ。

レンゼッティさん自身も新作のショートを準備しているそうで、シリーズ化すると良いですね。応援してますよぉぉぉ!!!

マックラッケンにはスタジオ内では会えませんでした。残念。

最後にレンゼッティさんに図々しくもスケッチをいただきまして
ジェニー
帰途につきました。

スタジオを出た後、3人でしばし放心…。

もう今なら警察に捕まってもいい!!!

そう叫びながらバーバンクを後にしました。

テクリさんとは、次に来るときはちゃんとポートフォリオを持ってこようと誓い合ったのですが、ポートフォリオ……ガクブル…←臆病
ポートフォリオっていうか…何かしら見せられる物は作って来なきゃいかんなーとは、思ったのでした。

お忙しい中案内してくれたレンゼッティさんにはハゲしく感謝です!!
スポンサーサイト
23:54 映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。